ネイルをすると気分が上がる?私にとってネイルは精神安定剤※心への影響は?

ネイルのあれこれ
スポンサーリンク

 

「いつもとは違う色をつけたい」

「ネイルをすると気分が変わる」

などネイル1つにしてもいろいろな気持ちになることありますよね。

私にとってネイルは気分転換であり、気分が上がるもの

そして精神安定剤のような気持ちを安定させるものです★

ネイルが心に与える影響について考えてみました!

 

 

スポンサーリンク

ネイルが心に与える影響って?

 

ネイルをしていると気分が上がる人や気持ちが安定する人もいますよね。

私はネイルを一生して生きていきたいほどネイルが大好きです。

ネイルをすると気持ちにどんな違いが現れるの?

私が感じるネイルに関する気持ちについて紹介します★

参考にしてみてください!

 

①ネイルをすると気分が上がる

ネイルをすると気分が上がると感じている人も多いと思います!

今まで聞いた気分が上がるという言葉
✔仕事頑張れる
✔よーし、仕事頑張ろう
✔やる気が出る
✔テンションが上がる
✔出かけたくなる

ネイルをすることでテンションが上がったりやる気がアップする人は多いです。

私自身もはげたネイルより、付け替えて綺麗なネイルのときはテンションが上がります!

 

付け替えて綺麗にしておきたい

 

②私にとってネイルは精神安定剤

 

心が安定すると感じている人もいて、

ある人は「ネイルは左右平等にすると気持ちが安定する」と感じている人もいました。

私自身はネイルのカラーによって心が安定します!

 

その時々によりつけたいカラーが変わったりしますがその時によって気分も違うんですよね。

私がつけるネイルは基本的に赤ネイル(季節問わず)

例えば赤をつけたいときにベージュをつけたりするとなんか不安定になるような気がします。

いつも安定していたいからだいたい自分のつけたい色をつけるようにしています。

 

なので私の爪は季節感があまりなく、流行が関係ない色が多いです★

 

③色から伝わるエネルギーが大きい

赤いネイルが好きといいましたが、ネイルの色は心理に大きく影響します!

その時によって色が違うと「心境の変化」のようなものがあったのかなと思いお客さんに聞いていたこともありました。

社交的になりたいと感じているときにオレンジを選んでいたりと色と心理の影響は大きいと感じています。

 

自分の中でどの色を選ぶかがその時どんな気持ちなのか、どんな変化があったかなど感じ取るのに私は最適なんです。

 

④心に余裕があると自分で思いこめる

「ネイルをつけている人って気持ちに余裕ありそうって感じる」

かれこれ10年ほど前に友達に言われた言葉。

実際のところネイルがはがれている時や付け替えできていないときは気持ちに余裕がないときが多く「ネイルを変えるどころではない」ということが多いんですよね。

自分の爪が綺麗な状態になっていることで自分自身で「今気持ちに余裕がある」と感じられます!

 

爪は顔より見る頻度が高く1番目に入る場所

 

ネイルが心に影響を与えることの1つに「爪が目に入りやすい」ということがあると思います。

鏡を見る頻度より爪先を見ている頻度のほうが高いですし、どうしても何かしたときに目に入ってしまう場所。

だからいつも自分の好きな色にしておきたい。

自分の体で一番1日に多く見ている場所が手だと思うんです。

 

いつもと違う色を選んだら心境の変化があったかも

 

だいたい自分の好みの色って決まっていますよね。

ピンク系しかつけたくない人や暖色系が好きな人、寒色系やホワイトなどさわやかなネイルが好きな人などなど。

 

いつも同じ色を選んだり、いつも同じような色を選ぶ人は違う色を選んだ時に心境の変化があったのかもしれません。

 

たかがネイル、されどネイル

自分の気持ちの変化を感じやすいのが爪だと思います!

 

 

タイトルとURLをコピーしました