【自宅ネイルサロン開業】資格って必要?なくてもはじめることは可能な理由

自宅ネイルサロン
スポンサーリンク

 

自宅ネイルサロンを開きたいと思ったときに資格が必ず必要なのか…

と思う人はいると思います。

結論から言いますと国家資格ではないですしなくても法律には触れません。

美容師さんは髪の毛を切るのに資格が必ず必要ですがネイリストはなくてもできます。

ですがネイルの知識と技術は必ず必要となってきます!

自宅ネイルサロンと資格についてそれぞれ紹介します★

 

スポンサーリンク

自宅ネイルサロンとネイルの資格について

 

私は自宅ネイルサロンをはじめた頃、検索をするとよく目に入ったのが

「ネイル検定1級はもっていないとダメ」

という話ばかりでした。

「資格がなくてもできるよ」という声はほとんどなかったと思います。

今であれば「必須ではない」と書いている人も多くいますよね★

 

自宅ネイルサロンで資格が必須じゃないわけ

 

自宅ネイルサロンで資格が必ず必要ではないと思うのには理由があります。

実際お友達などにも「自宅サロンはじめたい」とお話されることがありますが、私が返すのは「やってみればいいと思うよ」です。

 

私が感じる理由を一つ一つ紹介していきます。

 

①資格がなくても法律では問題ない

 

ネイルの資格は国家資格ではないので必ず必要ではありません。

例えば美容師さんの場合は髪の毛を切るのに必ず資格が必要となります。

ネイルの場合は資格がなくても法律的に問題ありません。

 

ネイルの検定にはネイリスト技能検定や、ジェルネイル検定などあります。

資格取得には時間もお金もかかりますので、必要であればネイル検定の3級のみ受験でも大丈夫だと思いますし、ないならないで開業は可能です。

 

②サロン勤務じゃないなら資格はなくても困らない

サロン勤務の場合はネイル2級以上など書かれていることもあり、ネイルの資格がないと働くことが難しかったりしますよね。

なのでサロン勤務をしたいわけではないならなくても困らない点。

ただ、サロン勤務をせずに自宅ネイルサロンをはじめるとなると難易度は流れがつかめないためはじめる難易度は上がるかなと思います。

ですが、サロン勤務なしでも不可能ではないと思います。

 

③資格とサロンワークは別物

 

資格があればサロンワークができるかというと別物と働いていた時言われました。

サロンワークと資格ではやる内容も違いますしデザインなどは別になりますよね。

私が言われたのは「数をこなせ」だったので、数をこなすこと、人につけることを一生懸命やっていました。

 

④数をこなすが大事

時間をかけてネイリストになりたい、自宅ネイルサロンを将来開きたいと思っているのであれば資格取得に時間をかけるのもいいと思います。

私は「自宅ネイルサロンやろうと思ってる」と言われるとき場合はだいたいが主婦であり、近い将来やりたいという話です。

 

自分の手にやるのとは難易度が違いますし、人の手にたくさんやっていく、いろいろなデザインをやっていくほうが自分のサロンを持つときの武器になると思いました。

お友達の中からはじめていくのであれば、技術向上を考えたほうがいいというのが私の意見です。

 

資格はなくても技術は必要

 

資格がなくても自宅ネイルサロンは開けます。

だけど技術や知識は必ず必要になるので資格勉強はしないとしても一生懸命勉強をする必要はあると思います。

 

①お客さんにとって技術はあって当然のもの

 

お客さんはお金を払ってネイルをつけてもらうので「ネイリストは技術があって当然」と思っています。

お金を払っているのにゴダゴダのネイルを付けられた悲しいですよね。

 

お客さんにとっては技術があるのは当然なので資格をもたないにしても、技術は必ず必要になります。

もちが悪い、汚い、うまくできないではお客さんの迷惑になりますのでしっかりと練習が必要です。

 

②知識がないとトラブルの原因になる

爪に関する知識がないとトラブルの原因になってしまいます。

ネイル検定では爪の病気についても学びますが、これは資格をもたなくても学ぶことができますのでしっかり学んでおくことをおすすめします。

ネイルアレルギーについてやグリーンネイル、消毒についての知識も必要です。

「どういうときに施術を断らなければいけないのか」を頭に入れておくことは大事です。

 

ネイリスト側では「〇〇です」と診断することはできません。(お医者さんではないため)

そういう場合は皮膚科への受診を進める必要がありますし、状況によっては施術をお断りしたり、除去をしに来てもらう必要があります。

 

なんの知識もない状態ではお客さんを不安にさせてしまうので知識は必ず必要です。

 

セルフネイルからネイリストになるということ

 

自宅ネイルサロンをはじめたい

お金をもらってネイルがしたい

セルフネイルをしているうちに感じる人も多いと思います!

「だけど資格がないからできない」

「だけど私になんか無理」

なんて諦めてしまう人もいるとは思いますが資格がないからできないということはないと私は思います。

前提として技術と知識は必要になるということで何も学ばずやることをすすめているわけではありません。

今は情報が多いですしユーチューブや検索でいくらでも情報が手に入ります。

テキストを購入すればわかりやすく書かれていますしネイルに関する本も多数ありますので自分の力で学ぶことが不可能ではない時代です。

私の頃はそれほど情報が出回っておらず、デザインを探すのにも苦労しました。

だけど今はいくらでも情報が手に入るので自分の力で学ぶことができるということ。

 

「お金をもらう」ということは「責任を持つ」ということだと思うので、何も学ばずやることはお客さんのためにもおすすめしませんが、資格がなくても十分に学ぶことが今は可能だと思います。

 

私が聞いたエピソード

 

私のところにきたお客さんは別のサロンで除去の際爪をすごく削られたとのこと。

そして皮膚が見えるのではと思うくらい削られ、しばらく痛い思いをしたそうです。

お客さんの中には痛くても「痛い」と言いづらく我慢する人もいます。

そしてそのサロンは店舗サロンで大きいサロンだったため資格はもっているはずです。

 

その後、その方はネイルをするのが怖くてしばらくお休みしていたとのこと。

なぜ痛い思いをしていることに気づけなかったのか。なんでそんなに削ってしまったのか。

私の中ではかなり衝撃的なお話でした。

 

当たり前ですが「痛い思い」と「怖い思い」はさせるのは論外です。

 

まとめ

 

まとめると「資格はなくても法律に触れない」「資格がなくても自宅ネイルサロンは開業できる」だけど、必ず「学ぶことは必要になる」「知識や技術は必要」です。

最低限の知識と技術は必要になります。

例えば最初のうちは持ち込みデザインは不可にしてもOKだと思います(私は最初はサンプル内から選んでもらう形をとっていました)

 

個人的な意見ですので1つの参考にしていただければと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました